Alternative Garage Rock'n'Roll Band RedColoredGunのブログ

Red Colored Gun Vo.G 三吉 秀典 Ba. 中島 大介 Dr. 直江 卓哉 によるAlternative Garage Rock'n'Roll Band 2001年6月大学内音楽サークルにて結成。 学内スタジオでのセッション期間を経て、活動の場をライブハウスへと移行。 三軒茶屋Heaven's Door,渋谷Chelsea Hotel,六本木Club Edge, 新宿Loft,松本Mole Hall,赤坂天竺,下北沢Shelterなどでライブを行う。

対バンのリハーサル

 

Red Colored Gun はここ数年のライブでは

ライブ当日にライブハウスの近くのリハーサルスタジオに入り

本番直前の最終リハーサルを行う事が多いが
前もってライブハウスから伝えられている

バンドのライブハウスへの入り時間に関わらず

最終リハーサルが終わった後には

できるだけ早くライブハウス入りをしようと心掛けている

 

 

 


ライブ当日はライブに向けた準備があるため

色々とやらなくてはならない事が多いのだが

その一つ一つがライブの成否に繋がっていく重要なものであるため
時間的にも余裕をもって

なるべく丁寧にそれらをこなしていきたいと

メンバー全員が考えるようになったからである

 

 

 


ライブハウスでは当日
その日のライブでお世話になるライブハウスのスタッフや対バンへの挨拶から始まり
続いてPAスタッフと照明スタッフに対して

バンドからの要望を伝えるためのシートを記入
最後にそれをもとにしてステージ上でのリハーサル

という流れで本番に向かっていくのだが
ライブ当日には

こういった手順の重要性をメンバー間で共有しながら

気を抜かずにしっかりと行う事が

ライブでのトラブルを避ける上で

大変重要な要素になると考えている

 

 

 


そんなライブ前の慌ただしい時間の中ではあるが

その中で個人的なちょっとした楽しみとなっているのが
その日に競演する対バンのリハーサルの見学である

 

 


バンドの音量バランスや音作りに関する考え方は

各バンドによって全く異なるため

ライブハウスでは同じ環境で同じ音響機材を用いて演奏しているにもかかわらず

本番でステージ上から聴こえてくるサウンド

バンドによって全く異なる

 

 

 


この違いがバンドの個性となってお客様へと伝わっていくのだが

そのサウンドを作り上げていく過程を見ることができるリハーサルの見学は

バンドマンとしてとても学ぶ事が多いのだ

 

 

 


また一人一人が個性的で主張の強いバンドマンが

ライブに向けて真剣にバンドのサウンドを作っていく過程では

本番では見られない各個人の人柄や

グループにおける関係性が見えてくる事も多く
こうした部分が垣間見れることによって

さらにそのバンドへの興味や関心が高まることも多い

 

 

 


ライブ直前のこうした時間はどのバンドも

多かれ少なかれ緊張しているものだが
こうした状況でも

気が合いそうなバンドマンを見かければ

同じバンドマンとして声を掛けてみることも多いし
逆にこちらも

バンドの音楽性や楽器の音作りなどの面でありがたい言葉をいただくこともある

 

 

 


バンドマンとしては

お客様はもちろんのこと

同じバンドマンから好評をいただくのも

ライブの日ならではの醍醐味であるため

本当に嬉しい事だ

 

 

 


また他のバンドの同じパート同士で

影響を受けたミュージシャンや音作りの話題等で盛り上がるなどして
それをきっかけにバンドマン同士の交流が始まることも多い

 

 

 


ライブ当日にライブハウスで共演する対バンは

一方では

その日のライブに訪れたお客様を奪い合うライバルなのだが
もう一方では

協力してともに一つのイベントを作り上げる仲間でもある

 

 

 


ライブではお客様との交流はもちろんのこと

他のバンドとの交流もまた本当に楽しいものである

 

 

 

公式YouTubeチャンネルにて初期の楽曲のライブテイクを公開中です

https://www.youtube.com/channel/UCpSVzE54IKdB81XnJYdQK1g

 

Next stage  2020.5.3六本木CLUB EDGE

www.club-edge.net

 

 

 

f:id:RedColoredGun:20200216151004j:plain