Alternative Garage Rock'n'Roll Band RedColoredGunのブログ

Red Colored Gun Vo.G 三吉 秀典 Ba. 中島 大介 Dr. 直江 卓哉 によるAlternative Garage Rock'n'Roll Band 2001年6月大学内音楽サークルにて結成。 学内スタジオでのセッション期間を経て、活動の場をライブハウスへと移行。 三軒茶屋Heaven's Door,渋谷Chelsea Hotel,六本木Club Edge, 新宿Loft,松本Mole Hall,赤坂天竺,下北沢Shelterなどでライブを行う。

渋谷のバー

社会人になりたての頃仕事が終わり一人時間を持て余していた週末の夜に ふらりと立ち寄った渋谷のバーが人生初のバー体験となった アナログレコードが流れる オーセンティックなシガーバーだった バーテンダーの登竜門としても有名なその店には 将来本格的な…

グレッチテネシーローズ

ボーカルギターの三吉が現在使用しているメインギターグレッチ社のテネシーローズはRed Colored Gunを結成するよりも前からいつかは手にしたいと考えていた憧れのギターだった バンド結成後もその思いは変わらず 楽器店に入ってはショーケースに入っているこ…

ボーカリストとステージモニター

ライブハウスでのライブにおいてお客様に迫力のあるバンドサウンドを届けるためにまたステージ上でバンドが普段通り演奏するための環境を作るために ライブ当日に行われるリハーサルでのサウンドチェックの時間はバンドにとって本当に大切な時間だ この時間…

バンドのプロモーション

卒業して数年が経ち活動再開の目途が立った僕らの次の目標は都内の名の通ったライブハウスへの本格的な進出だった 当初僕らは名の知られたライブハウスにそれも土日祝日などにこだわって出演することは出演を希望するバンド同士での競争率が当然高くなるであ…

好みの音について

かなりマニアックな話にはなるがミュージシャンにはそれぞれの好みの音というものがある ここでの好みの音とは好きな曲調やジャンルという意味合いではなく 一つ一つの楽器の音の鳴り方響き方といったニュアンスのものである 好んで聴いてきたイギリスの音楽…

セルフプロデュース

Red Colored Gunは どのレコード会社にも またどの音楽事務所にも所属していない その活動のすべてを自らの考えで行う セルフプロデュースのインディーズバンドだ レコーディングやライブのスケジューリングやプロデュース スタジオのブッキング イベントや…

対バンのリハーサル

Red Colored Gun はここ数年のライブでは ライブ当日にライブハウスの近くのリハーサルスタジオに入り 本番直前の最終リハーサルを行う事が多いが前もってライブハウスから伝えられている バンドのライブハウスへの入り時間に関わらず 最終リハーサルが終わ…

マーシャルアンプ

学生時代にはRed Colored Gunとしてのバンド練習のほとんどを 学内にあるスタジオで行っていたが学園祭などのサークル主催のライブの直前は さすがにスタジオ利用希望者が多かったため外部のリハーサルスタジオを利用せざるを得ないこともあった 学外のスタ…

3本目のギター

現在Red Colored Gunでメインギターとして使用しているグレッチのテネシーローズはバンドで使用した3本目のギターとなる 1本目のギターはバンドの初期に学内のライブで使用していたヤマハ製のバイオリン型のギターだ ポールマッカートニーが使用しているヘフ…

町田CLASSIX

町田クラシックスは2018年4月にオープンした 新しいライブハウスだ Red Colored Gunは2019年の1本目のライブを この町田クラシックスにて行った 初出演となるライブハウスであったが僕らのバンドにとってゆかりの深い土地に新たに建てられたライブハウスであ…

音楽と出会う場所

音楽を演奏することの楽しみはもちろんだがリスナーとして様々な音楽に触れる喜びも変わっていない 新たな出会いの主な場所はやはりCDショップとなるが最近ではバーで新たな音楽と出会い衝撃を受ける機会が多い 2018年にかねてから様々なメディアで取り上…

アドリブ

Red Colored Gunのメンバーは全員アドリブ演奏を非常に重要視している バンド結成時は特別そういったコンセプトを掲げていたわけではなかったが長い活動の中でお互いがアドリブ演奏の楽しさを見出して自然と今の考えに至った 近年では楽曲制作中の早い段階で…

ライブ用耳栓

誰もが知るほどの著名なプロミュージシャンが多忙なステージやレコーディングの日々の中で蓄積された耳へのダメージが限界を超えてしまい突発性難聴を発症してしまったというニュースを耳にしたことはないだろうか? 或いはまたライブハウスや音楽フェスなど…

オリジナル楽曲の公開

2018年より開始された SNSを通じたバンドのプロモーション活動からの流れを引き継いで2020年よりRed Colored Gunはバンドのオリジナル楽曲を 徐々に公開していくこととなった 今後オリジナル楽曲のリハーサルスタジオテイクや ライブハウスでの演奏のテイク…

活動休止

2004年から3~4年間 メンバーの様々な事情が重なり バンドとしての活動の目途がどうにも立たなくなっていた 顔つなぎのような感覚で メンバー二人などでは集まるのだが ライブに繋がるような練習が出来ず 今振り返れば 先の見えない長い活動休止の様な時間が…

音楽サークルでの裏方仕事

学生時代に音楽サークルでライブを行う際には 教室や空いているホールなど学内の様々なスペースでライブを行っていた 当然のことではあるが ライブハウスの様な常設のステージがあるわけではないためライブの度に ステージの設営 スピーカーの搬入 配線など…

音楽に酔いしれた夜

2005年卒業を間近に控えたこの頃1年先に卒業した中島を除いた Red Colored Gunの三吉と直江の間では卒業の記念として どこか印象に残る珍しい場所にでも出かけようという話題が上っていた 当時も変わらず週に一度のペースで学内にあるスタジオに入っていて…

大学生活最後の1年

2004年大学生活の4年目は一足先に卒業した中島を除いた僕と直江が学内に残る大学生活最後の1年となった 僕ら二人は卒業の際に中島から自分のことを気にせずに残りの一年も自由に音楽活動をしてほしいと伝えられていた 大学入学以来絶え間なくライブを行っ…

スタジオへの訪問者

大学時代 学内スタジオで練習していたある日のこと いつものようにセッションを繰り返し 少しの間休憩していると 突然スタジオのドアがノックされた ついに音漏れの苦情が来たかと思いながら 恐る恐るドアを開けると 見知らぬ外国人の姿があった バンドの音…

シンガーソングライター

初めて手にしたギターはヤマハ製のアコースティックギターだった 弾き語りに適したボディの大きなドレッドノートタイプのギターで 中学校入学の際に購入したものである その当時から憧れていた The beatlesのジョンレノンや CHAGE&ASKA サイモン&ガーファン…

部室とガットギター

学生時代には 授業の合間や放課後の多くの時間をサークルの部室で過ごした 部室には卒業した先輩が新しく入部する部員のためにと残したギターが3本あった そのうちの1本はガットギター(ナイロン弦を張ったクラシックギター)で 音のバランスが良く 柔らかい…

学生時代に出会った音楽

大学生活では授業の合間や放課後に多くの自由な時間があった そしてその長い学生生活の中で 様々な音楽との出会いがあった 当時は今と違いYou Tubeは無かったが 音楽雑誌が今よりも多かったから 次々に刊行される音楽雑誌を読んでは 興味を持ったミュージシ…

3年目の学園祭

学生時代には 学内でも多くのライブに出演していたが その中でもやはり1年に1度の学園祭でのライブは特別なものだった 学園祭では準備に1日 片付けに1日をもうけて その他に演奏が可能なライブ本番が2日間あった 学内の教室をライブハウスにするため 教室の…

八王子Rips~Prologue8~

学内スタジオのセッションの日々が続く中 どうにか30分のライブに耐えうるだけの曲数が揃ってきた 大学2年の頃に初めてのライブハウス 八王子Rips出演の審査が通り 初めてライブハウスでのライブを行うこととなった 学内で行うライブとライブハウスでのライ…

曲作り~Prologue7~

オリジナル楽曲の制作を決断した以上 再びコピーバンドとしてステージに立つことは考えられなかった そのためバンド存続の可能性は メンバーの3人全員が心の底から納得できる楽曲を作り 自信をもってステージでパフォーマンスする という一点にのみ存在した …

ライブハウス~Prologue6~

サークル内でのライブは学園祭など年間5本程度あり当面の目標はその全てに出演することであった 初めの何本かのライブはBlankey jet cityのコピーバンドとして出演していたが もともと僕が志向するメロディアスな音楽 中島が志向するハードコアなパンクサウ…

学内のライブ~Prologue5~

小さな音楽サークルではあったが サークルのメンバーや先輩方はそれぞれ自分のスタイルを持ち音楽を愛するメンバーの集まりだった ライブハウスで活動する社会人のOBも立ち寄るなど 自由な雰囲気のサークルだった サークルのメンバーは皆 フォーク、R&B…

中島大介~Prologue4~

ベースの中島大介はもとは学内の他の音楽サークルに所属していた 中島は僕や直江から見ると1年先輩にあたる 彼との出会いも、在学中に僕らが所属していた音楽サークルの中での事で 直江とのバンドの結成を決意した直後のタイミングだった 大きなサークルでの…

初めてのセッション~Prologue3~

入学後間もなく 恐らく5月か、6月のある日 先輩より空いているスタジオの使用許可をもらい 自分にとっては初めてとなる他者とのセッションを経験する日がやってきた スタジオのボーカルマイクをオンにし ギターの音作りを済ませて ドラムの直江と2人のみで…

学内練習スタジオ~Prologue2~

新歓ライブを見たその建物の5階には サークルが所有するスタジオがあった スタジオと言っても 防音の設備も整っていない 10畳ほどの部室同然の部屋であったが小さなギターアンプ、使い古されたドラムセットと サークルの先輩が持ち込んだベースアンプがあっ…